スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

3月, 2018の投稿を表示しています

人生すべて塞翁が馬

私の成功体験は、2つ
一つは、中学校の運動会の徒競走でライバルに勝ったこと

もう一つは、小学校の夏休みの自由研究の発表で、ライバルの質問を論破したこと

つまり、パワーでガムシャラに押し切れば、成功する といった体験
ところが、その2つの成功体験が 

もしかしたら、トラウマ(大きな精神的ショックや恐怖が原因で起きる心の傷)精神的外傷

成功体験だと思ったことが、実は、大きな負の遺産になっているのかも?

なんでも、パワーで押し切れば うまくいく=成功する は、

それだけでは、ダメなのかも?

押したり、引いたり、

目の前のものを 直接手に入れる方法だけでなく、
間接的、時間をかけてやる方法もあるのかも?

狐、金網の先のブドウを 金網に隙間から手を入れて採るのでは、なく、
金網の隙間を探したり、回って取れないか? 向こうの狐にとってもらうなど

直接取れない場合は、少し 物事を引いて考え、時間を置いて チャンスを狙う

そのような方法もあって良いかも

東京都知事にもなった 青島幸男さんの 処女作 直木賞作品(・。・;  知らなかった・・・・・
スッパイブドウ https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%99%E3%81%A3%E3%81%B1%E3%81%84%E8%91%A1%E8%90%84

塞翁が馬
「城塞に住む老人の馬がもたらした運命は、福から禍(わざわい)へ、また禍(わざわい)から福へと人生に変化をもたらした。まったく禍福というのは予測できないものである。」

アインシュタインの特殊相対性理論  キリストの愛

E = mc2 アインシュタインの特殊相対性理論 として超有名な法則
エネルギーとは、光の速さの単位で 質量と 同等 

つまり、エネルギーと質量とは、同じものである って意味

それと同じで、
エゴ(自我・利己)=利他 愛 

つまり、
自分を愛することは、究極的に 相手や回りを愛することに通じる

一見、何にも関係の無いもの、全くの対義語であるようだが、実は、同義語、

出処が一緒 ってなことです^^;

自分も回りと同等、区別なく、等価 である

つまり、
宇宙で、自分一人 だけ だったとしたら、

自分は、自分でいられるのか? 認識できるのか?

って、ことです。

変わるモノと変わらないモノ 変えないコトと変えるコト

変わるモノと変わらないモノ 変えないコトと変えるコト

万物流転 諸行無常、生老病死 すべてのものは、移り変わる
コレが、普遍=変わらない自然の原理

つまり、変わることが 変わらないこと

で、あるなら、

『自分を変えたい』 なんか 思わなくっても、
生きている以上、自然に変わっている

変わりたくない、変わらない と 勝手に思っっているのは、自分だけ(自己=自分の大脳脂質だけ)

原理原則が変わらなければ、その法則に従って、自然と回りは変わっている

自然体とは、

自然体とは、無理をしないこと。
普段の状態=あるがまま、をそのまま、発揮すること

あるがまま=自然体=
なにも足さない、何も引かない、無理をしない

自分にできないこと、を 無理にしようとしないこと。

身分相応、背伸びをしない。

自然体で、ブログを書く、

自然体で、仕事をする

自然体で、人と接する

光と闇

光とは、 見せたいもの=希望=生命=安心=正義 を見せる=象徴の役目と同時に、

見せたくないもの=絶望 死=不安=悪を消す 力がある。

であるなら、

闇とは、見せたいもの=絶望、=死=不安=悪 を見せる=象徴の役目と同時に、
見せたくないもの=希望=生命=安心=正義 を消す力がある。


象徴とは、
主に抽象的なものを表すのに役立つ、それと関係が深いまたはそれを連想させやすい、具体的なもの。

例えば、日本という、抽象的なものを表す時、それと関係が深い、またはその連想されやすい、具体的なもの?

例えば、
日本の象徴は、富士山、日の丸、天皇、サクラ などなど

私は、怒らない。なぜなら、怒っても 何にもならない、物事は、解決しない

怒るとは=自分=プライドを守るため、自己防衛 相手を威嚇すること。

そして、その方法が、特に実力行使=暴力ではなく、

口論、感情表現、叫び声、罵倒など。

しかし、そのようなことをしても、なにも解決しない。
解決しないどころか、問題をややこしくする。

メンド臭いことになる。

そして、そのことが、怒った本人にブーメランのように降りかかる。

なので、

怒っても、良いことは、一つもない ことになる。

怒るより、

この場をどう対処すれば良いのか?

考える
聞く
応援を頼む

この3つのウチ どれかを選択し、実行する。

幸福で安定した生活を公的に達成するビジネスとは

人々の幸福で安定した生活を公的に達成しようとすること
をビジネスにする場合、

利用者は、投資先=税金元=納税者=市民=利用者の親

の資本を損なわず=元本割れしない 

さらに、資本が増える 精神的、物質的に 利益=金利が つくように

すること。

相手には、わからない=理解できないこと、伝わらないことを わかる=理解する

相手にわからないことをわかる

相手には、
どうしてわからないのだろ?
どうして理解してくれないのだろう?

でも、相手は、相手、自分では、無い

なので、相手に要求しても、相手は、変わらない。
だって、
相手には、そのことが解らない、または、理解しようとしない のですから・・・・・^^;

なので、自分が変わる

どう変わるか?

そう、

相手には、自分の気持が理解できない=わからない

ってことをわかるように

そして、いつかは、わかってくれる と信じること、
信じて、言い続ける、そういった態度を示し続けること
それが、支援 

それが、教育、人を育てること 

自分が変わる

それが 気づき

利己主義とは、
自分勝手な思いで、相手を推し量ること

ご愛読ありがとうm(_ _)m